チワワのお散歩まずは家の中から


噛み癖ならすぐ治せる!
専門家の直伝しつけ方法! 犬の芸

↓↓↓↓
噛む犬の専門トレーナー山本卓のしつけ法

チワワのお散歩まずは家の中から

チワワリボンチワワが我が家に来た日からちゃんと首輪をつけてあげましょう。
あまりつけるのが遅いと、嫌がってしまい、一生懸命首輪をとろうとしてしまい、吠えたり、ないたりします。

だからといっていきなり首輪をつけると、まだ重いと感じる子もいるので、そんなときは、やわらかい布でできた素材を首輪のようにたてに細長く切り、首にまいてあげましょう。
リボンなどでもいいです。

これを一日中つけてあげて、様子をみます。
はじめ嫌がっても慣れてくればなんともありません。

夜寝る時などは、はずしてあげてください。

外にでるまでは家の中で散歩に慣れさすことが大事です。
3ヶ月くらいまではこれでいいでしょう。

チワワリボンリボンや、布になれてきて、3ヶ月が過ぎたら、今度は軽めの首輪に変えましょう。
実際に散歩に行くときの首輪と、リードをつけて、家の中で歩き回ってみてください。

これを毎日やります。慣れさすことが大事です。

4ヶ月を過ぎたころから、実際に外にでるわけですが、そのとき、いきなり首輪をつけると、びっくりして、座り込んだままの子もいるほどです。

家の中で首輪とリードをつけてじゃれたり、遊んだりしてあげて、途中でワンコの名前を呼びましょう。

呼んで何も反応しないようなら、ちょっとだけ軽く首輪を引っ張ります。

名前を呼ぶ→自分のところへ来るようにする

これをなんとなくできるようにしておけば、実際に外にいったとき楽になります。

いきなりは絶対にできませんので、チワワの様子を見ながらゆっくりとやっていきましょう。

それから、まだ散歩に行けない幼犬のときから、抱っこをして、外に連れ出しましょう。

そして、いろいろな車、バイク、電車、人などをみせて、いきなり外へ連れ出しても驚かないようにするのも大切です。

抱っこしたままでいいです。
これをやると、大人になっても音や人に免疫ができて物怖じしない子に育ってくれます♪

カテゴリー:チワワのお散歩編