チワワがかかりやすい病気


噛み癖ならすぐ治せる!
専門家の直伝しつけ方法! 犬の芸

↓↓↓↓
噛む犬の専門トレーナー山本卓のしつけ法

チワワがかかりやすい病気

チワワは超小型犬だけに、繊細な面も持ち合わせているため、チワワだからかかりやすい病気というのがあります。
一般的にかかりやすいといわれている病気を掲載しています。

膝蓋骨脱臼
トイ種によくみられる病気です。
膝のお皿がずれてしまい、痛みや運動に障害がでてしまいます。
遺伝や、運動のしすぎが原因です。
予防は困難ですが、治療は可能な場合があります。
ひどい場合は手術です。獣医さんに相談しましょう。

気管虚脱
気管の軟骨がつぶれ、呼吸が苦しくなる病気です。
がーがーと独特の音を発します。
先天性の場合が多く予防はできません。
肥満は症状を悪化させてしまいます。
ダイエットを常に心がけましょう。
散歩はしてもかまいませんが、必ず、涼しい時間帯にしましょう。
治療的には、強心剤や、抗生剤の投与、そして、吸入療法など。

僧帽弁閉鎖不全
心臓の僧帽弁の障害。
特に老犬に顕著に見られる病気。
慢性的なせきや、呼吸困難でひどいと失神することもあります。
完治には異常部を移植する方法以外ない。
普段の注意点は塩分を控えた食事をして、運動も極力さける。
獣医から処方してもらった薬で対処する。

泉門開存
頭頂部分の骨が開いたまま、閉じない病気でうす。
チワワは、前頭骨の接合部分が、不完全なため、よく見られます。ほとんどの場合は、成犬になるまでに閉じるのですが、一生開いたままの子がまれにいます。
この開頭部を強打してしまったりすると、命の危険性があります。
絶対にさわらないようにしましょう。
フラツキ、テンカン、性格異常などがある場合は、獣医にすぐに診断をしてもらいましょう。

口蓋列
口蓋が真ん中からさけてしまっている。
口臭がひどく、呼吸音が奇妙。(フガフガいってる感じ)
症状が軽ければ手術で対応可能な場合も。
先天的なものがほとんど。予防は不可。

子犬の低血糖症
血糖値がどんどん下がってしまい、発作をおこす。
子犬時代ストレスにより発祥することが多い。
すぐに獣医の診断を仰ぎましょう。
対処としては、食事の回数を多くして、量をすくなくする。
夜寝る前に少しだけ食事を与えるなどです。

肺動脈弁狭窄
先天的な心臓奇形で、肺動脈の弁部分が狭いために、血液のめぐりが極端に悪くなってしまう。
せきをしただけでも、呼吸が速くなる。
治療は手術になるが、症状を緩和させてくれる薬もあります。

難産
チワワは超小型犬のため、難産になりやすい傾向があります。
特に1.8キロ以下のメスに多いといわれています。
陣痛微弱のときや、帝王切開を想定して、いつでも動物病院にいけるように段取りをしておきましょう。
体が小さいということは、骨盤、産道なども小さいということです。
それだけ、チワワの体に負担がかかりますから、細心の注意が必要になります。
チワワは麻酔も難しい場合があります(小型犬のため)。
無理な繁殖は絶対にやめたほうがいいです。

カテゴリー:チワワの病気