チワワの繁殖・交配は安易にしない!


噛み癖ならすぐ治せる!
専門家の直伝しつけ方法! 犬の芸

↓↓↓↓
噛む犬の専門トレーナー山本卓のしつけ法

チワワの繁殖・交配は安易にしない!

愛犬に子犬を産ませてあげたいという方もいると思います。
実際繁殖はブリーダーをはじめ、個人の方でも行っています。

しかし、安易な繁殖は非常に危険です。
専門知識を要しますので、繁殖に取り組むのであれば、専門家に相談するのが一番でしょう。

繁殖をする際は非常に多くの知識や、経験が必要になります。
血統書の見方や、ラインの研究など、チワワの特性を熟知してから勉強することが求められます。

浅はかな気持ちと、知識で勾配すると、障害をもったチワワが生まれてしまうとも限りません。

オスとメスでお互いの短所、長所を補うような交配が望ましいのです。

以下は、繁殖を行ううえで知っておきたい組み合わせをです。

イン・ブリード
近親繁殖です。危険が伴います。
この交配のやり方は、犬種団体のジャパンケンネルクラブは認めていません。

ライン・ブリード
系統繁殖のこと。
親子兄弟以外の近親婚(3~5代間の血統上に同一個体が複数で使用されている)の事。
例:叔父と姪、祖父と孫娘
比較的安定したやりかたです。

アウト・ブリード
ラインの違う犬同士の交配です。
良い子に恵まれることもありますが、生まれた子犬の質が安定しないといわれています。

父親も、母親も優秀な子をみつけることができて、無事交配もした。
しかし、ここが難しいところで、両親が優秀だからといって、いつも交配した結果がいいとはかぎりません。

思ったとおりにいかない場合ももちろんあります。
しかし、大事な命です。
大切に育ててあげましょう。

カテゴリー:チワワの繁殖・交配