チワワをドッグショーに出したい


噛み癖ならすぐ治せる!
専門家の直伝しつけ方法! 犬の芸

↓↓↓↓
噛む犬の専門トレーナー山本卓のしつけ法

チワワをドッグショーに出したい

チワワを飼ったからには、ドッグショーに出たい!という方もいると思います。

そもそもドッグショートとは、純血種がもつ犬種の資質の向上と発展、及び、普及とうのが目的です。

いわゆるスタンダード(犬種標準)という、その犬種を比較審査する、犬のお披露目会です。

雑種(ミックス)が増えてくると、徐々に純血種というのが、失われていくのを防ごうという名目でおこなわれています。

犬種団体である、ジャパンケンネルクラブ(以下JKC)が開催しているドッグショーの出場資格は、JKCの会員で、会員所有の登録犬(血統書つきの犬)であれば出場可能です。
JKCには、登録すれば会員になれます。年会費は4,000 円程度です。
くわしくはJKC公式HPへ

生後4ヶ月経っていれば、ベビークラスで出場できます。

しかし、生後2ヶ月の子を引き取って、その2ヵ月後に出場はちょっと大変だと思われます。
もちろん絶対にムリというわけではありませんが。

ドッグショーにでるには、ベビークラスでも課題等ありますので完璧に覚えるのは難しいとおもいます。

ドッグショーの審査は、チワワのような小型犬はテーブルの上でのポーズや、歯並びのチェック。そして、骨格の触診もありますし、規定にそって、歩けているかなどさまざまです。

審査は犬種のグループごとに行われます。
チワワは、全体で10グループあるうちの第9グループになります。
チワワのほかには、マルチーズ、プードル、シーズー等も含まれます。

ドッグショーの審査内容をざっと項目をあげてみます。

  1. タイプ(犬種に特有な特色)
  2. クオリティ(犬種の特質の洗練さ)
  3. コンディション(健康状態、精神状態)
  4. サウンドネス(健全さ)
  5. バランス(全体の調和)
  6. キャラクター(ひときわ輝く魅力)

ドッグショーのクラスも細かく分かれています。

  1. ベビークラス  4ヶ月1日~6ヶ月
  2. パピークラス  6ヶ月1日~9ヶ月
  3. ジュニアクラス 9ヶ月1日~15ヵ月
  4. ヤングクラス  15ヶ月1日~24ヵ月
  5. アダルトクラス 24ヶ月1日~
  6. チャンピオン  タイトル獲得犬

成犬になるにつれ、審査内容も難しくなってきます。
ドッグショーを数多く見に行き、スクールなどに入って、練習や、テクニックを身に着けることが、成功の早道といえるかもしれません

カテゴリー:ドッグショー