褒めると叱るで効率よくチワワをしつけていく


噛み癖ならすぐ治せる!
専門家の直伝しつけ方法! 犬の芸

↓↓↓↓
噛む犬の専門トレーナー山本卓のしつけ法

褒めると叱るで効率よくチワワをしつけていく

よく、しつけだからといって、厳しくばかりしている方もいるようですが、これでは、犬は萎縮してしまいます。

上手なしつけのポイントは、「褒める」と「叱る」「無視」を上手に使い分けることです。

褒めてしつけるときのポイント

チワワ褒める何かをしつけて、できたときは、これでもか!というぐらい大げさに褒めてあげてください。

例えば犬の名前が「モモ」だったら、
逆に褒めるときは「モモ、エラいね~!!!いい子だね~」などと、体中なでてあげて、大げさに褒めましょう!

もちろん飼い主さんのお顔も笑顔でです^^

上手にしつけてあげることが、上手な育て方ということにもなります。

叱ってしつけるときのポイント

叱る時、「バチン!」っと殴ったりしてはいけません。
つねに怯えてしまうワンコに育ってしまいます。

叱るときは名前を呼んでしからないようにします。

例えば犬の名前が「モモ」だったら、叱る時に、
「モモ!ダメでしょ!」と名前を呼んでしからないでください。

怒る時に名前を呼ぶのに、慣れてしまうと、
名前を呼ばれる=怒られる!
と思ってしまいます。

ですので、怒るときは「コラ!」とか「ダメ!」などと、怒る時にしか使わない言葉で怒りましょう。
間違っても、名前を呼ばないように。